スポンサードリンク

2011年09月13日

頚椎ヘルニア改善プログラム・レビューの解説

柔道整復 小.jpg

徳永解説

田端さん。症状が改善されて本当によかったと思います。

5番6番と6番7番の頚椎ヘルニアという事ですが、
MRI等の画像診断で実際に自分の目で飛び出している部分を確認して
お医者さんにこれは手術しなくては治らないと言われてしまうと
田端さんのように「もうダメだ」と諦めている方が大勢いらっしゃいます。

しかし、そこが悪くなってきた根本的な原因に対してアプローチしていくことにより
そこの部分にかかる負担が著しく軽減します。

人間の体には自然治癒力がありますので、過度な負担がかかっている部分の負担が減れば
必ず回復に向かっていきます。

椎間板の回復には3〜6か月かかりますが、このプログラムを行うことにより
体や椎間板が回復しやすい状態をつくる事ができます。

イメージとしては、首の状態が下降線をたどっていたものが、上方に向く、つまりV字回復に向かう
きっかけをつくるような感じです。

人間の回復力は私たちが思っている以上のものがあります。
治療家は患者さんが回復しやすい状態に導いているだけです。

この治療方法も同様です。

田端さんの頚椎ヘルニアも「治療方法」のおかげで治ったわけではありません。

田端さん自身が回復する「きっかけ」をこの「治療方法」がつくっただけです。

今回は「強いしびれ」が一カ月で改善しましたが、頚椎の椎間板が元通りになっているわけでは
ありませんので、これからも1日5分でいいのでアフターフォローのプログラムを続けていただき
再発の予防に心がけていただきたいと思います。

田端さん貴重な経験談をありがとうございました。

下記から治療法の詳細がご覧になれます。
少しでもお役に立てれば幸いです。


>>>徳永接骨院ヘルニア治療法
>>>治療法はこちら



posted by たくみj1vh at 08:37| レビューの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。